食事&ASMR動画で人気の韓国女子ソヨン 「動物虐待」と批判殺到

2020.04.16

食事&ASMR動画で人気の韓国女子ソヨン 「動物虐待」と批判殺到

食事動画やASMR動画で人気の韓国女子YouTuber・ソヨンさんの投稿が、海外メディアで「動物虐待だとして批判を受けている」と報じられ、注目されています。

ソヨンさんが主に投稿しているのは、韓国で流行っている「食事シーンの動画」と咀嚼音の「ASMR」を掛け合わせたもの。

特に、巨大や大量のタコやエビ、魚などの食材を、生きている状態のまま千切ったりナイフで切ったりして食べる動画で人気を博しています。

しかし、刺身や踊り食いなどの食文化のない国からすると不快感を抱く人も多いようで、このような動画を海外メディア「TooFab」等は動物虐待だと批判。

人気YouTuberのEthan KleinさんやDef Noodlesさんもソヨンさんへの批判を投稿し、動画削除を求めています。

なお、このような訴えに対し、YouTube側は「動物虐待のコンテンツには値しない」と述べて動画削除に対応する予定はないとのことです。




  • 쏘영 Ssoyoung

韓国で人気の女子YouTuber・ソヨンさんの動画チャンネル。

モッパンと呼ばれる食事動画や、咀嚼音のASMR動画で人気を博す。登録者数347万人。

https://www.youtube.com/channel/UC4PpFUrfT2Pou7OwpVF0MUQ



今回ニュースになった内容について見られるのは以下の動画。

『[Mukbang] 生きている 大王 タコ?&ドジョウ Eatingsound Seafood Ssoyoung』

https://www.youtube.com/watch?v=NcChbIdrdaA&feature=emb_title