川口春奈さん、赤裸々に女優生活を語りファン称賛 「自分を持っててかっこいい」

2020.05.05

川口春奈さん、赤裸々に女優生活を語りファン称賛 「自分を持っててかっこいい」

カズレーザーが授業動画を配信、要点をレクチャー

 
クイズ番組などで活躍し、先生になってほしい芸能人ランキングなどの各種調査でTOP3常連の、メイプル超合金・カズレーザーさんが4日、歴史の動画授業を行う中学生向け授業YouTubeチャンネル「カズレーザーの50点塾」を立ち上げました。
 
同チャンネルは「これを見ればテストで50点くらいはとれるんじゃないか、という基本中の基本だけを楽しく覚えよう」という趣旨で企画。
 
カズレーザーさんは「この動画を見ただけでは、100点は取れません! ただこれだけおさえておけばいつもよりちょっとだけ良い点数がとれる。要点だけ、点数をとるためだけに作った動画です」と狙いを語っています。
 
ターゲットは、テストではそこそこ点を取りたいという小学生、中学生、そして基本を学び直したい高校生。勉強が嫌いで苦手な人でも見やすい動画になっている。「とにかく勉強嫌いな子に見てもらいたい。分かりやすく、楽しくお伝えしていると思いますので、『勉強できないから嫌い』という人がちょっとでも興味を持って少しでも減ってくたらうれしいです」とのこと。
 
新型コロナウイルスの感染拡大で休校期間が続き、自宅学習を余儀なくされている中、その一助となることを考えている。「“STAY HOME”の慣れない環境で、勉強する気がおきないかもしれないですが、この動画をみて勉強がちょっとでも楽になったらうれしいです」と呼びかけています。
 
初回の動画は、12分弱でテンポのよいものとなっており「世紀」「猿人・原人・新人」「打製石器・磨製石器」を今回覚える単語として講義したカズレーザーさん。撮影を終え、「普段のバラエティ番組でプレゼンするときは、出演者の方やスタッフさんがリアクションしてくれますが、この撮影のときは見えない相手に1人でしゃべるから、リズムが分からず、むちゃくちゃ難しかったです」と本音を話していました。
 
尚、この動画は、日本テレビの動画配信サービス「日テレ無料」などでも順次配信予定となっています。


●カズレーザーの50点塾
「見るだけで勉強になる」歴史の授業動画 チャンネル登録者数 2100人。
https://www.youtube.com/channel/UCeVfNbOctl0EXPZNXt4aRzw

●今回記事になった動画はこちら
【めざせ50点】カズレーザーが授業してみた★世紀・原始時代【歴史】
https://www.youtube.com/watch?v=BLWkJN-Zp7M

 

大物歌手120名によるテレワーク合唱


芸能プロダクションを傘下に複数持つ「アップフロントグループ」が4日、所属タレント120名での“テレワーク合唱”を行う動画をYouTube上で公開しました。
「モーニング娘。’20」や「アンジュルム」といったハロプロの現役メンバー、OGをはじめとして、森高千里さんやつんく♂さんといった大物アーティストらが、自宅や職場など様々な場所からコラボする豪華な映像に、ファンからは感動の声が続々と上がっています。

■レジェンドから現役アイドルまで
KANさんの「愛は勝つ」、Juice=Juiceの「泣いていいよ」、ZARD「負けないで」と、メッセージ性が強い3曲でコラボした120人。KANさん自身のピアノやつんく♂さんのギター演奏の他、森高千里さん、堀内孝雄さん、ばんばひろふみさん、相田翔子さんら大物アーティスト、さらには安倍なつみさん、辻希美さん、里田まいさん、高橋愛さんらハロプロOGメンバー、竹内朱莉さん、譜久村聖さん、金澤朋子さんら各アイドルユニットのリーダーが総出演するなど、豪華なメンバーとなっています。
自宅や仕事現場で自撮りしたものを編集して1つの動画にしており、120人が一斉に歌唱するシーンは圧巻です。

■エッセンシャルワーカーにエール
今回のテレワーク合唱は、医療従事者や公共交通機関職員、漁師、農家、配達員、店舗スタッフなどライフライン維持に欠かせない仕事に従事している「エッセンシャルワーカー」に向けてエールを贈るために実施された企画だと動画内で説明しています。
登場した一人一人がそれぞれのメッセージを一言ずつ語っていき、時には「私たちは最後に必ず勝つことができます」と声を合わせて訴えるなど、視聴者を奮い立たせるような内容となっています。

■感動したという声が続々と…
動画公開直後から、再生回数は急上昇しており、「この動画、涙が出そうになりました。あ、これだ、私の大好きな歌声」「色んな人に届くといいな」「この動画で勇気と元気を貰えた」「涙が出た。やっぱり音楽は人を動かす」とネット上では感動したという声が続々と上がっている。
一方、看護師や店舗販売員、介護福祉士の方々は、自身がエッセンシャルワーカーであることを明かした上で、「ちゃんと目を向けてくれてることにすごく感動したし嬉しかった」「これからを乗り切る勇気をいただけました」「明日からも変わらず仕事だけど、頑張ります」と感謝の言葉をつづる人たちも多く見られている。

●アップフロントチャンネル
アップフロントグループの公式YouTubeチャンネル チャンネル登録者数 11.3万人
https://www.youtube.com/user/upfrontchannel

●この記事に関する動画
アップフロントグループ テレワーク合唱「愛は勝つ」「泣いていいよ」「負けないで」
https://www.youtube.com/watch?time_continue=71&v=8xDGXCVCptg

 

 King&Princeがゲームを提案。 「シンデレラガール」のサビリレー!


「King&Prince」が4日、ジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネル内の「Smile Up! Project」にグループで初登場しました。

はじめに永瀬廉さんが「コロナの影響で世界中の方々が大変な思いをしていると思います。医療関係の方々、スーパーで働く方々、配送業者の方々など、たくさんの方々に支えてもらって僕たちの生活が成り立っているんだなと感じますし、非常に感謝しております。僕ら自身もできることを考えて、発信できることはしていけたらなと思っております」とメッセージを贈った。

メンバー5人はビデオ通話を利用して自宅にいても友達と遊べるゲームを提案。デビュー曲である「シンデレラガール」のサビを禁止ルールを設けて歌い継ぐゲームとなっています。悪戦苦闘しながら盛り上がり、永瀬さんは「ファンの人にもやっていただけたら。皆さんも気を付けて乗り越えていきましょう」と呼びかけました。

●Johnny’s official
ジャニーズ事務所所属タレントの出演作品・公演情報を随時紹介 チャンネル登録者数 153万人
https://www.youtube.com/channel/UCfwnhCPBIlbe7XMRV5WKbrQ

●この記事に関する動画
Smile up! Project~リモート de ゲーム~King & Prince
https://www.youtube.com/watch?v=iVUnj6pCPp4

 

ロッテ佐々木朗希から「伸び伸びとプレーしよう」


#一緒に今を乗り越えよう−

ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手は5日、球団の公式YouTubeで子どもたちにメッセージ動画を発信します。

悩める少年少女の視線を変えるような、温かい言葉を贈ります。阪神の近本光司外野手は、#おうち時間を充実させるトレーニング方法を提案するとともに、来年のこどもの日、5本の安打を贈りたいと目標に掲げました。
   ◇   ◇   ◇
佐々木朗希投手は子どもたちの手本になるプロ野球選手として、こどもの日のために用意したメッセージは、意外なものでした。

「自分が思っているほど、人は(自分を)見ていないことが多いので、あまり見られているとか意識しないで伸び伸びとプレーをしようと考えたら、楽になりました」。
「恥ずかしがり屋の少年でした。今でもそうですけど」と笑いながらコメント。小学生の頃から、マウンドで緊張することが多く、「野球をしている時はあまり考えすぎないようにしよう」と決意してから、また伸びた。「野球の時だけは人が変わるというか、大勢の前で普通に投げることができました」。負けたら引退となる夏の高校野球でも、一打サヨナラ負けの場面でも淡々と投げることで、ピンチを切り抜けてきた。

自分が思うほど、他の人は自分を見ていない−。この1年間、世間からの注目を浴び続けた18歳が発する言葉だからこそ、深い意味があります。大事な試合やピアノの発表会、新しいクラスになったときの自己紹介など、大勢の前での失敗が怖い場面で、子どもたちの気持ちを落ち着かせ、明るい未来へと導くメッセージとなっています。

5日、球団公式YouTubeで最新ストレッチ動画のモデルを務めながら、自らの声で思いを伝えます。

●千葉ロッテマリーンズ
千葉ロッテマリーンズの公式YouTubeチャンネル 登録者数 9.2万人
https://www.youtube.com/user/marinesTVOfficial

 

川口春奈、女優生活を語る 「プレッシャーや不安は常にある」

 

女優の川口春奈さんが自身のYouTubeチャンネルを更新し、ファンから寄せられた様々な質問に答える動画を公開し、芝居のプレッシャーや大河ドラマの撮影について語りました。

■仕事の悩みを赤裸々に語る
川口さんは4日、女優生活を赤裸々に語る動画を投稿。冒頭では仕事の悩みについて質問に対して、「悩むというか、大丈夫かな? 出来るかな? っていうプレッシャーとか不安は、毎日といっていいほど常にある」と告白しました。しかしそれは「キャスティングして良かったと思われる芝居をしなきゃとか、良い意味でのプレッシャーです」と思いを語った。

■芸能界入りしたきっかけは…
芸能界に入ったきっかけを問われると、「幼馴染が写真を撮って、モデルの雑誌社に履歴書を送ったから」だと語りました。川口さんは続けて「自分からやりたいってこのお仕事になったんじゃなくて、友達が推薦してくれた。本当に運が良かったです」と話しています。

■大河ドラマの撮影は全然違う
現在出演しているNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』の反響について、「たくさんの人が見てくれてありがたいです」と感謝を述べ、「普段のドラマやテレビ、雑誌の撮影とは全然違うもの! 大先輩の役者さんたちとお芝居するのがまだ慣れていなくて、大変です」と明かしました。一方で「大変な分、応援してくれる人や期待してくれる人、見てくれる人がたくさんいるのを知っているから頑張れている」と話し、「楽しみながらプレッシャーを感じながらやっています」と、笑顔で語っていました。

■賞賛コメントが相次ぐ
この動画は47万回再生を超え「答えが前向きになれるものばかり…。外見はもちろん、内面も憧れる!」「自分をしっかり持っててかっこいい」「人間性もしっかりしてて尊敬します」など賞賛のコメントが相次ぎました。
芝居にプレッシャーを感じているなど、仕事について本音を語った川口さん。大河ドラマを含め今後どのような演技を見せてくれるのか、ファンは増々楽しみになったことでしょう。


●川口春奈オフィシャル はーちゃんねる
川口春奈が日々のあれやこれをフワッと配信 チャンネル登録者数 97.8万人
https://www.youtube.com/channel/UCHi5HD9w9B-gI6Lbx43Rs7A/featured

●この記事に関する動画
【質問コーナー】芸能界入りや大河のはなしhttps://www.youtube.com/watch?v=ZjBON5s6mvE&t=86s