へずまりゅうさん、YouTuberに迷惑をかける”迷惑系YouTuber”

2020.05.23

へずまりゅうさん、YouTuberに迷惑をかける”迷惑系YouTuber”

へずまりゅうさん、YouTuberに迷惑をかける”迷惑系YouTuber”

 

迷惑系YouTuber。この言葉を聞いた時、皆さんはどんな人物を思い浮かべるでしょうか。警察官の目の前で白い粉を落とし、どんな反応をするか検証したもの。渋谷の交差点にベッドを置いて、書類送検・略式起訴を受けたもの……。耳目を惹くため必要以上に過激な企画に挑戦し、世間に迷惑をかけてきたYouTuberは少なくありません。しかし、この記事で扱う「へずまりゅう」さん(登録者1万人)は、彼らとは少しタイプが違います。”迷惑系YouTuber”と呼ばれるへずまさんは、同業者のYouTuberに狙いを定めて迷惑をかけているのです。

へずまりゅうさんの”手口”は、有名YouTuberに凸し(アポを取らずに突撃で撮影・配信をすること)、強引にコラボを迫るというものです。「コラボを迫る」と書きましたが、この凸動画自体を彼はチャンネルに投稿しているので、「強引にコラボする」の方が正しいかもしれません。いずれにせよ彼は、この有名YouTuberへの凸動画の投稿で、一躍大きな注目を集めるようになりました。

そんなへずまりゅうさんが、2020年5月16日、「へずまりゅうからご迷惑をおかけした皆さまへ」という動画を彼のサブチャンネルで公開しました。

●へずまりゅうからご迷惑をおかけした皆さまへ(2020年5月16日公開)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=VLN-6vw1qbA&feature=emb_logo

5月16日現在、謝罪動画は14万回再生され、高評価1700、低評価7200、低評価率は81%となっています。なぜ彼は”サブチャンネル”で謝罪することになったのか、そして謝罪動画になぜここまでの低評価がついているのか、まずは彼が”迷惑系YouTuber”になったいきさつから触れていきたいと思います。

すべてを捨ててのYouTubeデビュー
へずまりゅうさんは2019年にYouTubeでの動画投稿を始めています。しかし、はじめは思ったように再生数が伸びず、そこからしばらく無名の期間が続きます。へずまさんはYouTubeを始めるにあたって、「相当の覚悟」をしていたと言います。両親、そして仲の良い友人たちとも縁を切り、地元山口県から単身上京してきました。「YouTubeで成功したい」、「お金持ちになりたい」という強い野心を胸に、すべてを捨ててYouTubeで勝負に出たのです。

しかし、彼の気持ちとは裏腹に、満を持してのYouTubeデビューは苦い結果に終わりました。鳴かず飛ばずの動画活動が続く中、そんな日々を打開するべく思いついたのが、炎上覚悟の有名YouTuberへの凸動画でした。

彼が最初に目をつけたのは、当時すごい勢いでチャンネル登録者数を増やしていた「ジュキヤ」さん(登録者149万人)でした。そして、この凸動画から、へずまりゅうさんの快進撃が始まります。

●ジュキヤ/Jukiya
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%AD%E3%83%A4

儚い快進撃
3月には約6000人だったチャンネル登録者は、4月の頭には4万人を超え、5月には9万人まで伸びるなど、へずまさんのチャンネルは快進撃を続けました。

しかし、過激な動画はいわゆるドーピングにすぎず、一時的に結果はついてくるものの、すぐに審判からノーがつきつけられます。へずまさんは「コミュニティガイドライン違反」を根拠に、YouTubeからメインチャンネルのアカウントをBANされたのです。これが、5月15日の出来事なので、例の謝罪動画を投稿する前日になります。そのため、彼は翌日、彼のサブチャンネルにて謝罪動画を投稿することになったのです。

謝罪動画で涙ながらに迷惑行為を辞めると約束
メインチャンネルをBANされたへずまりゅうさんは、謝罪動画の中で、「がーどまん」さん(登録者136万人)・「ねお」さん(同89万人)など、今まで迷惑を掛けてきた多くの有名YouTuberに謝罪をしています。

●チャンネルがーどまん
https://www.youtube.com/channel/UCSmIO01FO8IxQo-6yL63BzA

●ねおチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClPLW-9Nfbvf76ksj-4c1kQ

「自分がやったのは自分しか得しない炎上芸だった」、「売れるために撮影の邪魔をしてしまった」。へずまりゅうさんは自らの行為に対する反省の弁を述べた後、これからは路線変更をし、他人への迷惑行為は辞めると涙ながらに視聴者に約束しました。

翌日の裏切り
しかし、視聴者はこの謝罪が嘘だったとすぐに知ることになります。へずまさんは相変わらず、有名YouTuberへの凸の機会を伺っているらしく、「ヒカキン」さん(登録者842万人)が住む都内のタワーマンションを訪れる様子などを悪びれもなくツイッターに投稿し続けています。

●HikakinTV
https://www.youtube.com/user/HikakinTV

この反省が見えないへずまさんの態度を受け、彼の謝罪動画は5月16日現在、7000を超える低評価が付けられるなど炎上状態となっています。

迷惑系YouTuberの今後は?
反省の色を見せず、今後も”迷惑系YouTuber”として有名YouTuberへの凸を続けることを示唆しているへずまりゅうさん。しかし、それでまたチャンネル登録者数を伸ばしても、YouTubeからのアカウントBANがいつ訪れるか分かりません。すべてを捨ててYouTubeでの勝負を決めたというへずまさん。この逆境を打開する次なる一手もすでに彼の中にはあるのかもしれません。

●へずまりゅう
有名YouTuberへの凸動画で人気を集めたが、過激な内容によりメインチャンネルをBANされた”迷惑系YouTuber”。現在は元々あったサブチャンネルをメインチャンネルとして使用している。
チャンネル登録者数 2.4万人
https://www.youtube.com/channel/UCWvg2EoIYKOnkrNICLk2vdw