三浦春馬さんの自殺を喜ぶ不謹慎YouTuber、ホリエモン「誹謗中傷やめてほしい」

2020.07.20

三浦春馬さんの自殺を喜ぶ不謹慎YouTuber、ホリエモン「誹謗中傷やめてほしい」

映画『進撃の巨人』『永遠の0』などで知られる俳優の三浦春馬さんが、7月18日に自宅マンションで首をつった状態で見つかりました。現場には遺書らしきものが残され、周囲の状況から自殺と見られています。

この突然の訃報に対して、YouTube上には不謹慎な動画が次々と投稿され、炎上もしくは動画削除の事態に…。

 

それらの投稿について、YouTuber・よりひとさんは厳しく非難しつつ「見ないで欲しい」と注意喚起の動画を投稿。

堀江貴文さん(ホリエモン)やYouTuber・ジョーさんも、自身のチャンネルで自殺防止について、視聴者の心に刺さるメッセージを発信しています。

 

目次

 

三浦春馬さんが亡くなった事を喜ぶ不謹慎系YouTuber

https://www.youtube.com/watch?v=1jT8tmwmlls

 

 

三浦春馬さん自殺で喜ぶ不謹慎系YouTuber

 

三浦さんが自殺した原因は未だに明らかになっていませんが、誹謗中傷が一つの要因ではないかと各所で報道されています。

よりひとさんは動画内でそのことに触れ、三浦さんがSNSで今までに投稿した誹謗中傷についてのコメントを引用。

 

明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…

どの業界、職種でも叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。

皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う(以下、省略)

(Twitter 2020年1月29日のコメント)

 

三浦さんが誹謗中傷に対して真摯に向き合っていたことが、上記の内容から読み取れます。

それに対して、面白がって三浦さんの親族を名乗ったり、ファンの悲しみを煽るような動画を出している不謹慎系のYouTuberたち。

よりひとさんは「飽きたなあ。ワンパターンなんですよね」と切り捨てます。

 

さらに、不謹慎動画のサムネイルとタイトルを取り上げ「見ないようにしてください」と注意喚起。

動画タイトルと、よりひとさんのコメントの一部がこちら。

 

「自殺した三浦春馬マジでふざけるな!」

 →動画出演者の覆面マスクについて「せめて顔出せよ」とコメント。

 

「三浦春馬が自殺してくれて祝杯(三浦死去)」

 →風呂場で撮影された動画。「無事に消されている」と投稿削除に安堵の表情。

 

「三浦春馬本人です。僕は生きています。」

 →「はいはいはい、もう飽きた飽きた」とバッサリ。

 

「三浦春馬!死亡は嬉しい!✨自殺理由は誹謗中傷か?今までの経歴も!さらに新作…」

 →ボサボサの髪の毛と髪留めに「田舎ヤンキーみたい」とバッサリ。

 

「三浦春馬が自殺した理由がやばい…」

 →「驚愕の事実」と書かれたサムネイルについて、

「そんな事実はありません。驚愕の事実があったら報道されています」

 

 

また、動画の後半では

「悲しむのも大事だが、三浦春馬さんが残したものを話すことも大切だと思う

と自身の考えを述べ、三浦さんの残した出演作品を紹介していました。

 

よりひとさんのお気に入り作品は、

『君に届け』『クローズ』『アイネクライネナハトムジーク』

それに続くように、視聴者も思い入れのある出演作品を次々と投稿。

 

・永遠の0      ・ラストシンデレラ

・恋空         ・14歳の母  

・僕のいた時間    ・ブラッディ・マンデイ

 

本動画の感想でも肯定的な内容が多く、

「ただ故人を悼み、作品に触れるという冒涜ゼロな動画でほっとした」

などのコメントが寄せられていました。

 

 

ホリエモンが有名人の自殺で思うこと

 

三浦春馬さんの自殺に関して飛び抜けた視聴数を記録しているのが、“ホリエモン”こと堀江貴文さんの投稿動画です。

(179万回・2020年7月20日現在)

堀江さんは今回の訃報をニュースで知り、すぐに車内で撮影。

メッセージを真摯に伝えようとする意思の表れなのか、動画には広告が貼られていません。

 

有名人の自殺について思うことをお話しします

https://www.youtube.com/watch?v=ZpCQNt_qCnE&t=21s

 

 

これまで数多くの誹謗中傷を受けてきた堀江さん。

三浦さんの自殺の要因が誹謗中傷であるという報道を受けて、

「(誹謗中傷で)人の命を簡単に奪えてしまう。殺人と同じなので絶対にやめてください

と強くコメントしています。

 

また、誹謗中傷の対策も紹介していました。

堀江さんが実行したのは、嫌がらせのメッセージを送ってくる50個程度のアカウントをブロックすること。

そのことで誹謗中傷が来なくなり、「嫌がらせをする人は全体のごく一部」と気付いたそうです。

 

また、自身の知り合いから聞いた話として、自殺に失敗した人たちのことを紹介。

首吊りの紐が切れるなど、自殺しきれなかった人を某作家が取材したところ、10人が10人とも「自殺をしなくて良かった」と語っていたそうです。

 

さらに堀江さんは、知人2名を自殺で亡くしている経験から、

「軽いうつのような状態が一番危険」と警鐘を鳴らします。

本格的なうつ状態になると処方された薬で症状が安定することもありますが、通院前の軽度のうつの場合、本人の自覚がない場合も多いそうです。

 

例えば、仲間と居酒屋などで深酒して帰宅してから、深夜や朝方にフッと「死にたい」と行動に移すケースも。

「周りの人が注意深く見守って欲しい」とコメントしていました。

 

堀江さんのメッセージが多くの視聴者に届き、高評価の数は3.5万を超えています。

 

 

YouTuber・ジョーさんの泣けるメッセージ

 

堀江さんと同じく動画を収益化せず、自殺防止について熱いメッセージを述べているのがYouTuberのジョーさん。

寄り添うような言葉が視聴者の心に刺さり、「泣きました」など感動のコメントが数多く寄せられています。

 

三浦春馬さんの自殺をニュースで知り、思ったことを話します。

https://www.youtube.com/watch?v=ndQiz8pLxmI&t=106s

 

 

先日亡くなった木村花さんのことも話題に出して、ネットの中傷についてコメントするジョーさん。

自身も今まで数多くの誹謗中傷を受け、自殺の方法を教えるDMまで送られてきたそうです。

 

法律やシステムなど対策が追いつかない誹謗中傷の現状について、「匿名で人の家にポンポンとゴミを投げているようなもの」と述べるジョーさん。

そこに人がいることを実感していないから、娯楽のような感覚で「死ね」などの暴言を好き勝手に送ることができる、と話します。

 

「生身の人間がそこにいるんだから、リアルと同じ言葉を使おうや。会ったこともない人に『死ね』と言っているあなたたちの神経はマジでやばいよ」

と強く訴えていました。

 

また、誹謗中傷を受けている人たちには、

「傷つくのは分かるけど、誹謗中傷をただの『文字』だと思って欲しい。言っているのは無責任で、匿名の人たちなんだから」

と語りかけていました。

 

動画の後半では、世界中を旅してきた自身の経験から、忙しすぎる「日本人の仕事」についてコメント。

アルゼンチンや欧米などの諸外国と比べて、日本の労働時間が長すぎることを訴えていました。

 

「『忙』という文字は『心を亡くす』と書く」

「仕事は人生を幸せにする手段の一つ」

「その手段に人が喰われたらあかん。押し潰されたらあかん」

 

さらに、日本国内で年間数万人といわれる自殺志願者について語るジョーさん。

今つらいと感じている人たちに向けて、「頑張り過ぎないことが大切」と語りかけます。

 

「しんどかったら逃げて欲しいし、逃げ方が分からなかったら、逃げ道を誰かに聞いて欲しい」

「心を大切にする努力をしよう。命が一番大事やから」

「嫌なことはいっぱいあるけど、その先に良い出会いが必ず待ってる」

「だから明日も頑張って生きようや」

 

本動画を見た視聴者からは、

 

  • この動画見て心が救われる人は沢山いると思う
  • 春馬君に、自殺する前に見てほしかった
  • 今自殺を考えてる人に届け

 

などの感想が寄せられ、内容に涙した視聴者も多くいたようです。

本動画のメッセージが、心のつらさを感じている人たちに届いて欲しいと切に願います。

●よりひとYorihito
有名人の不祥事をネタにする“いじり系”YouTuber・よりひとさんのチャンネル。
未成年女性とのトラブルや暴力動画などで炎上し、多くの批判を浴びている。
最近はYouTuberの話題を中心に、ニュース動画を数多く投稿している。
チャンネル登録者数 57万人(2020年7月20日現在)