ロンブー淳、マックスむらいだけじゃない!“一時活動休止”したYouTuberたち【まとめ】

2020.07.24

ロンブー淳、マックスむらいだけじゃない!“一時活動休止”したYouTuberたち【まとめ】

7月20日に、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが、YouTubeの一時離脱を発表したことが話題になっています。また、図らずも同じ日には、スマホゲーム配信の草分け的な存在・マックスむらいさんが、自身のYouTubeチャンネルを休止することを発表しました。思い返せばこれまでも、YouTubeの世界から一時離脱した人は少なくありません。今回は、YouTubeを一時休止した人たちをその理由とともにまとめて紹介します。

 

目次

 

 

【ご報告】YouTubeを1度離脱する理由
https://www.youtube.com/watch?v=fZrMm3_ZvuU

 

ロンブー淳  “一時活動休止”

 

昨年12月に、当時芸能活動を自粛中だった相方の田村亮さんとともに
YouTubeチャンネルを開設した、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。
数々のテレビ出演をこなしつつ様々な事業にも携わる一方で、
昨年4月からは慶応大学大学院に在学するなど、
そのマルチな才能とバイタリティ溢れる活動が、同世代だけなく若い世代からも注目されてきました。


そんな淳さんが、7月20日、YouTubeでの活動から一時離脱することを発表。
淳さんは、その理由を「大学院卒業が見込めるまで、しっかりと向かいたい」と説明しています。
また、これまでコメント欄やSNSには、たくさんの応援コメントに紛れ、
度を越えた中傷コメントがあったことにも触れ、
「正直にいうと、キャパオーバーしかけている」と本音を吐露しています。


さらに動画の中では、今回の離脱があくまでも“一時的なもの”であることを強調し、
「ちょっとだけお休みをしつつ、しっかりと気持ちを立て直してから」
いろんな報告を持ってYouTubeに戻ってきたい」と、復帰を誓っています。
淳さんが離脱している間、『ロンブーチャンネル』は、
最近YouTubuにも慣れてきた相方の田村亮さんをはじめとする運営メンバーで配信を継続していくとのことです。

 

 

マックス村井も環境の変化で“一時活動休止”

 

同じく7月20日に、自身の動画チャンネルを一時休止する予定であることを発表したのは、マックスむらいさんです。
マックスむらいさんは今年1月、自身が開設した「AppBank」の社長に復帰しており、
今回の一時休止については、そうした環境の変化が影響していると説明しています。

 

『【ご報告】チャンネルを休止します。最後にやりたいこと。』
と題した動画の中で、彼は、2013年の開設以来、ほぼ休みなく毎日動画を投稿していたチャンネルを、
いきなり休止するのは自分の中でもイヤだと話し、
「最後に何かひとあがきしたい」と、休止までにやりたいことを発表しています。

 

・AppBankの闇を暴く
・ガイアックス上田社長にマックスむらいの若かりしころのひどさを語ってもらう
・ガチでAndroidに機種変してレビューする
・iPhone 12の噂や情報まとめ
・バーガーキング 2020ver
・ゴー☆ジャスと牛丼罰ゲームをかけてなんか戦う
・まおちゃんと酔っ払う
・カムバックサーモン
・スクラッチ
・むらい的動画ランキング
・急上昇 Full MV
・加えることの案件動画とコラボ動画が何本か

 

上に挙げたリストのうち、撮れたものから順次公開し、
すべてやり終えたら、これまでの更新スタイルを休止するとのことです。


「マックスむらいちゃんねる」
https://www.youtube.com/channel/UC5Y35HzjHnxi2Dk8Xk8Cllw?sub_confirmation=1
チャンネル登録者数:152万人

 

 

カルマ、アバンティーズ……活動休止期間を経て復帰した例

 

ロンブー淳も、マックスむらいも、「一時休止」を強調していますが、
活動休止期間を経て復帰したYouTuberは少なくありません。

 

■カルマ

 

2015年のチャンネル開設から、一躍スターダムにのし上がったカルマさんは、
過去に数回、活動を休止しており、そのたびにファンからは心配の声が上がりました。

 

昨年は、6月~8月と9月~12月に活動を休止していましたが、
その理由は、彼の入院と手術によるものだったことが後に明かされています。
曰く、医師から「YouTubeをやっちゃいかん」とのお達しがあったとのこと。
復帰後は、相変わらずの予測不能なマシンガントークで、ファンたちを楽しませています。

 

今年5月には『YouTube引退の件について。』と題した動画をアップし、
その中で、大手芸能事務所からお誘いがかかっていることを明かしつつ、
「YouTubeを捨ててまで行く気はない」と強く言い放っていました。
その約1カ月後には、人気女性YouTuber・もえりんとカップルチャンネルを立ち上げたことでも注目が集まりましたが、
現在は、更新が途絶えていることもあり、コメント欄には、
「1カ月たったで。体調崩したんか?大丈夫か?」
「カルマが動画ださないから心配」
と、再びカルマさんを心配する声が寄せられています。

 

カルマ【KARUMA】
https://www.youtube.com/channel/UCUnLtMTXZfrSeTJfO-N5NfA?app=desktop
チャンネル登録者数:152万人

 

■アバンティーズ

 

“暴走最先端クリエイター”として息の長い4人組(うち1人は故人)
「アバンティーズ」も、過去に数回、活動休止期間がありました。
グループ全体での活動休止のほか、
昨年11月には、メンバーのリクヲさんが、思い悩んだ末の活動休止を発表しています。

 

メンバーが幼馴染同士という彼らの魅力の一つは、その微笑ましい仲良しぶり。
リクヲさんが活動休止中は、その復帰を信じた残りのメンバー2人が動画の更新を続け、
ファンからも、リクヲさんの復帰を望む多くの声が上がっていました。
リクヲさんは今年3月に見事復帰し、
久しぶりに登場した動画の中で
ちょっとずつちょっとずつ(元の状態に)戻って行けるように……」と報告しました。
現在は、元気な姿を見せています。

 

アバンティーズ
https://www.youtube.com/channel/UC26ZU-55UPc7lVR9inHWayA
チャンネル登録者数:156万人

 

■ワタナベマホト

 

二人とは対照的に、復帰後、苦戦を強いられているのは、
イケメンユーチューバーとして人気を博した、ワタナベマホトさんです。


昨年6月、知人女性に怪我をさせたことが原因で所属事務所から謹慎処分を受け、活動を休止し、
その後、今年2月に活動を再開した際には、
復帰を喜ぶファンが盛り上がる一方で、批判的な声も寄せられました。

 

復帰後は、259万人の登録者数を有していたチャンネルから、
新しく立ち上げたチャンネルへに移行し、登録者ゼロから再スタート
しかし現在は65万人と、その栄光の時代と比較すると登録者数が伸び悩んでいるようです。

 

マホトMAHOTO
https://www.youtube.com/watch?v=Ic0fcf_E-Qk
チャンネル登録者数:65万人

 

 

さらなる群雄割拠の時代、今後の動きから目が離せない!

 

このほか、今年6月21日には、
まめだ&サワデーの女子2人組マルチクリエイター「PARASTICA(パラスティカ)」が、
無期限活動休止を発表しています。

 

理由は、サワデーの体調不良とのこと。
これまで、大食い企画やローション相撲などの体を張った企画で、
視聴者を楽しませてきた彼女の報告に、
コメント欄には、心配の声が寄せられました。

 

良くも悪くも、多くの人に注目される中で、
視聴者には計り知れない心労があったのかもしれません。

 

PARASTICA
https://www.youtube.com/channel/UCD3Bl7pISGIQBDMGGP2qLQw/featured
登録者数:29.2万人

 

芸能人の参入が相次ぎ、さらなる群雄割拠の時代を迎えたYouTuberたち。
今後もしばらくは、活動休止・引退・復帰といった大きな動きがあるかもしれません。

●ロンブーチャンネル
お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳と田村亮によるチャンネル。

チャンネル登録者数 43.1万人(2020年7月22日現在)